ポエム
[TOP]
吐露


つんつんが倒れてしまうことを強く望んで

その前に 自分が崩れることを恐れている

いい加減 静かな毎日を過ごしたいものだと

何に向かって祈ればいいのかを考える


祈りは ベッドの真上に向かい

天井のあたりで行き場を失い

煙のようにゆっくりと

再び この胸に戻ってくる


どうにかなるだろう

そんな 気楽な日もあれば

どうにもなりはしない

そんな うなだれた夜もある


ああ 今年もあと一月半か

いや 気が早い

いや もう遅い

ああ 気が重い



18/11/18 01:30更新 / 壬生八五郎

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」