ポエム
[TOP]
空が見えない
それは突然に、訪れた何の前触れもなく、
呼び止められ、振り向いた時に、肩越しに、
君を見つけた、この人は誰、何かを告げられた、
何があったのか、今も思い出せない
確かな事は、二人の間に、ピリオドが打たれた事
 遠くで声が聞こえる、呼んでいるのは誰、
 でも、僕は行けない、道が見えない、壊れた
 道しるべでは、歩き出せない
君は、僕をじっと見ていた、僕が悪いのか、
もっと君を大切に、すれば良かった、失ってしる、
宝物の大きさ、目をそらし、その場を逃げるように、
去る僕がいた、一人になった時に、寂しさがこみ上げる、
顔を上げる、空が見えない、涙で見えない
 遠くで声が聞こえる、呼んでいるのは誰、
 でも、僕は行けない、道が見えない、壊れた
 道しるべでは、歩き出せない
行かなくては、こまま立ちどまってしまっては、新しい
夢も恋も探せない、踏み出す一歩が道になると、
背を押してるれる、友達、行こうか君に、ありがとうを
伝えて、
いや違う、そんな強さはない、僕にだけ、降るどしょぶりの雨
今は、耐えるだけ、きみが思い出に変わるまで、この空が、
見えるまで
20/01/31 19:42更新 / kozashin


■作者メッセージ
涙で見えない空、こんなに出るものなのか、そう思った、あれからは、
どんな時も、あれもほど出たときはない、
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c