ポエム
[TOP]
愛するビッチ
 知らない男の上で跳ねている君を想像して吐き気がしていた。猫なで声で騙した男を支配する感覚は君のお気に召すのだろう。そんな君でも愛していたことを否定したくはない。そんな君だからこそ愛したのかもしれないとさえ、今では思うようになった僕は駄目な女がタイプになったんだろう。

「浮気をしてくれ。」
「全く罪悪感を抱くことなく、そのお尻を極限まで軽くしてくれ。」

 僕はこんなセリフを考えて君の住み着き具合を確認するようになった。今夜も猫なで声をして男を騙した気になっている可愛い女を抱く予定でいる。もう一回を願うニーチェと自分を重ねて酔いながら、僕はデュオニソスだ・ダイナマイトだと反芻する。

19/12/08 13:14更新 / ジアール


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c