ポエム
[TOP]
喪服の似合わない君へ
喪服の似合わない君へ


線香の灯が燃え尽きる前に
静かな部屋から抜け出して
君に会いに来たよ。

アルバムを見つめる君。
ページをめくる度に、
涙の雫は駆け足になっていく。
歴史をなぞる足跡みたいだ。

小さな幸せだけど分かち合ったね。
思い出の数だけ、二人で一緒に笑ったのに、
それと同じ数だけ、一人で泣かせてしまうんだね。


これはもう、
そこに居ないんだから、
いつまでも抜け殻を見てるのは止めてよ。

心もすぐ、
そっと消えるんだから、
これからも夢の中でさがすのは止めてよ。


悲しさまで分かち合おう、
なんて約束は、し損ねたんだから。


15/01/28 00:33更新 / あめくも

■作者メッセージ

ぽつ、
窓硝子を隔てた向こう側、
ぽつぽつ、ぽつ、って

今日は空も泣きたい日みたい。

まばたきをする度に、
雨の雫は駆け足になっていく。
階段をいそぐ足音みたい。

転ぶから気をつけてって、言ってるのにね。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c