ポエム
[TOP]
DM

当たり前に会っていて、話していてそんな日常が続くとちょっと会わないだけでdmが来る。

LINEなんて知らない。電話番号なんてしらない。


          「この日来る?」

そんなdmが来る。それで見に行って話して写真撮ってたまに差し入れあげてバイバイしての繰り返し。


あの日は、ギリギリで話にいった。
その時に第一声が心配した」

その一言をポンコツはサラッと言ってくる。
何で?なんて聞いたら 後ろを素通りしたから嫌われたと思った なんて言ってくるから、思わず笑ちゃって本当にポンコツでそんなポンコツの作った音楽が大好きでポンコツか好き。
でも叶わない恋だから私は、少しでもどの子よりもそばで見ていたい。
18/11/13 21:47更新 / あいちゃん

■作者メッセージ
30回目出会い話

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c