ポエム
[TOP]
嵐 5×20
木枯らしか
はたまた
春嵐なのか

睦月に吹く風は
前途の多難の前触れのようにも
あるいは
不安混じりのぼくらを押しているようにも
感じた

そして
何故だかほんの少し
心が泣いていた

今年はどんな年になるのだろう



20/01/10 18:51更新 / 紫陽


■作者メッセージ
5×20
嵐のような風の日に書いた詩。
自然の嵐と 「嵐」を 掛けて。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c