ポエム
[TOP]
おもいで
見晴らしのいい丘のまえ
風の心地いい草っぱら
僕は疲れた足休め
足元に生えるたんぽぽに
失礼するよと声をかけ
優しく一本引き抜いて
わたげにふうっと息かけた

ふとなつかしい気になって
隣に目をやり驚いた
小さな僕がそこにいて
足元に生えるたんぽぽに
笑顔で無言の挨拶し
無邪気に一本引き抜いて
わたげにふうっと息かけた

大人になった今の僕
小さい子供の頃の僕
黄昏まえの淡い空
ふるさとの方へ飛んでいく
想いを乗せたわたげたち
二人で静かに見送った
同じまなざしで見送った

見晴らしのいい丘のまえ
風の心地いい草っぱら
19/05/26 14:19更新 / わたなべ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c