ポエム
[TOP]
【短歌】歯医者で読むアインシュタイン
歯医者で読むアインシュタイン



歯の痛み十段階に分類し八で歯医者に電話をかける

伝記漫画「アインシュタイン」読んで待つ 赤子にアルベルトと名がついた

アルベルト・アインシュタイン「象はなぜジャンプできないの?」と父に問う

〈この恋は実りませんでした〉の文字と冬の枝から葉の落ちる絵と

アルベルトの結婚式の最中にオレの名前が遠く呼ばれた

真っ白な天井とライトのみによる視界閉ざして口あけている

抜歯後のガーゼ噛みしめじくじくと河原で喧嘩したことはない

のみぐすり二種類もらいポケットにこぶしふたつを隠して帰る

通院は二度で終わってアルベルト・アインシュタイン戦争の途中
17/06/03 21:53更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌9首

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c