ポエム
[TOP]
上弦の鏃(七言律詩・風景)
春月夜(はるづくよ)にて

上弦の射(い)て

欠かる明光

射(さ)し出でて

刺し結ぼうか

対極見えて

日は裏に在(あ)ろ

緒(お)は緝(つむ)がれて




20/01/10 22:57更新 / 椛島康介


■作者メッセージ
上弦の月を弓に、太陽と月とを結ぶ陽を矢や緒になぞらえて書きました。
七言律詩と書いてしまうと、対句や押印など決まりが多く難しかったですね。
改めて先人のセンスは素晴らしいです。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c