ポエム
[TOP]
空が目覚める前に
真っ直ぐに流れる涙を見つけた
その跡は輝いていて、
だから僕には触れられなかった

鼓動と静寂は繰り返し
きっと次の夜明けまで終わらない
勇気と悲しみは混ざり合うたび
身体を巡る、体温になるから

あの彗星が
二人の上、流れた彗星が
君に見つからなくて良かった

このお願いが
半分も言えなかったお願いが
君に聞こえなくて良かった

見えない糸は、見えないままで
明日の僕らを繋いでいる
消えないように、そっと包み込んだら
さあ
空が目覚める前に
行こうか
20/01/08 01:12更新 / アンタレス


■作者メッセージ
ここに2人
向かい合って静寂
暗転
視点の逆転
そして流転
伝えたい気持ちは、一つだけ
だから伝わらない気持ちも、当然一つ
「あの彗星よ」なんて
そんな僕の弱さ
君は全部お見通しなのかな

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c