ポエム
[TOP]
夕暮れ時は誰かと

寂しい夏の夕暮れ時は
一人で畑に行きました
案山子の横に腰かけて
膝に涙を隠してました

案山子は肩を抱くことなく
せいぜい風に揺れるくらい
けれど赤い空に押されて
後ろに伸びる二つの影は
友達同士みたいでした

母の優しい囁き声に
似せてヒグラシが鳴いてました
夢で星空をみるために
下を向いたまま帰りました

寂しい夏の夕暮れ時は
一人じゃいられませんでした
19/07/23 22:25更新 / わたなべ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c