ポエム
[TOP]
5 さすらい猫、天使と暮らす
(さすらい猫は、魔女の魔法で
(可憐で冷たい、少女の姿で
(死ねないからだを引きずって、
(街から街へと、さすらう運命(さだめ)。


さすらい猫の、物語。
今日で終わると思ったが、
さすらい猫が、この街で、
素敵な人に出会ったときに、
さすらい猫の、物語。
ようやく、終わると思ったが、
さすらい猫の、物語。

再び漕ぎ出す、不死の旅。
なぜ、死ねないのさ、不死の旅。

さすらい猫は、泣いてない。
さすらい猫は、歩くだけ。


あの日出会った彼女に言った、
どうしてそんなに性格良いのと、
尋ねたくらい、性格が良く、
それでほんとに、裏がなければ、
まるで天使のようだねと、
真正面から、言ったんだ。

そんな天使な、はずないさ。
あたしの心は、うすら汚れて、
自分を誇れず、他人を妬んで、
あまりにみっともなさ過ぎて、
いっしょけんめい、正しくあろうと、
恥ずかしいので、汚れないよう
なんとか、こらえて、いるだけなんだよ。
天使で、ある訳、ないじゃない。
天使に成ろうとさえ出来ない。
人の正しさ、逸れないことに、
アップアップのめいっぱい。
なんとか、1日1日を、
塗り潰している、だけだもの。


そんな彼女の、ほんとの心は、
確かに、天使に見えないかもね。

でもその天使に、見えない天使の、
言葉のほんとは、心に響き、
さすらい猫の、器用な心の、
鍵さえこじ開け、ブスリと突き刺す。

あー、やっられたぁ!

そんな目に、
遭わされ猫は、天使に惚れて、
その人のため、さすらいをやめ、
その人のことを、主人と仰いだ。

そして、さすらい出して初めて、
ほんとの幸せ、その身に感じた。
もちろん猫は、天使の主人に
死ぬまで仕え、そばにいつづけた。
認められたい、その人に、
生きているのは、その人のため、
そしてほんとは、死ぬときは、
彼女に看取られ、死にたいけれど。

けれど、因果が、許さない。
猫は、死ぬことだけ、出来ない。

さすらい猫は、理想と逆に、
彼女を看取り、だが、泣かない。

泣かないことで、彼女を誇った。
彼女の笑顔は、最期も天使で、
あるいは天使の、より尊くて、
さすらい猫の心は死んだが、
彼女の名誉の為にだけでも、
泣くことだけは、ダメだと思った。


さすらい猫の、物語。
今日で終わると思ったが、
さすらい猫は、この街で、
素敵な人に出会ったときに、
さすらい猫の、物語。
ようやく、終わると思ったが、
さすらい猫の、物語。

再び漕ぎ出す、不死の旅。
なぜ、死ねないのさ、不死の旅。

さすらい猫は、泣いてない。
さすらい猫は、歩くだけ。





19/03/09 01:59更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c