ポエム
[TOP]
ノンフィクションファンタジー
燃えたぎる炎とつんざく咆哮の中 柔らかな快楽に包まれて目を覚ます
自ら火に入ることは戸惑われ その中でとどまろうとする
それも阻まれ外界へ這い出る

アツイクルシイサムイツライ
ダレカタスケテ

ただただ流され時が過ぎる もう一度安らぎに包まれて眠りにつく
そしてまた、目を覚まして 足掻いて業火に飛び込む

タスケテタスケテタスケテ ダレカコロシテ
ダレカダレカダレカ......アア、ソウカ

『自分で殺せば良いんだ』

そうして身を乗り出した せめて美しい空の下砕け散ろう
そうして私は飛びたった そうして、そうして......

あれ、なんで?なんでとめるの?なんで謝るの?全部私のせいなのに?

『君はよくがんばった』 私はがんばれなかったんだよ
『それが君にとって苦しくても僕は君に生きてほしい』なんて残酷なことを言うの
『大丈夫、僕が助ける』  なんて優しいことを言うの

『そう約束したから』

瞬く間に視界が閃光を放った 眩んだ目を恐る恐る開けば
小さな雫はアスファルトに消えた

街灯に照らされ君は笑っていた
18/11/05 11:12更新 / あむ

■作者メッセージ
ラスト付け足しました

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」