ポエム
[TOP]
せびろ
翡翠の誘いが目に眩む
私は
彼が輝き私が黒子になるその意味を知りたくなった
君と手を繋いでいれるのなら
なにも問題はない
君は先に翡翠のドアをさっさと開けて
私は何の価値もない漫画を君に読ませない
せびろにアイロンをかけ、
ちょっと縒れているけど。
19/06/14 10:22更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c