ポエム
[TOP]
花火
空に広がる打ち上げ花火に

見とれる君の横顔に見とれる僕

不意に君がどうしたの?って

僕に視線を向けたけど

僕は真っ赤になりそうな

頬を団扇で隠して

視線を反らし

何でもねぇよと

君に言った

君は少し頬を膨らまし

来年はちゃんと言ってよねって

言って君はまた打ち上げ花火に

視線を戻す

来年もまた二人で見れる様にと

空から消えかけの花火に

こっそり僕はお願いした


16/07/25 23:12更新 / ぱち

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c