ポエム
[TOP]
とこしえ
色の付いた飲みものを、からだに悪いと思うようになったとき、ぼくら大人になったのかもしれない。人の痛みを理解したつもりでいる、やさしさだと自惚れて。たむけに花をもたせるの、ほんとは誰のため?

永遠なんてない。
どんなに泣いても、いとしさの欠片を拾い集めて、ぜんぶ揃うころには、もう地球は死んでいるはずだ。

晴れて、きみはぼくの神様になった。
やさしさなんて、分からなくていい。知ろうともしないで。わるいところを見つけられるように、なってほしい。かんちがいしたまま生きていてよ。

笑顔で、死ぬまで生きて、どうか、元気で。
18/10/19 15:34更新 / 暮月

■作者メッセージ
かりそめを愛想

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c