ポエム
[TOP]
弱虫の独言
逃げたいって叫んでも
罵りや暴力で遮られる
そこで本当に行動を起こしてしまうのが一番だけど
自分の居場所を失うのが怖くて
そんな自分を受け止めてくれる人がいなくて
できない
そんな弱虫

「女の子なんだから」
「介護の方も忙しいから手伝っ
てくれる?」
自分のことでいっぱいいっぱいなのに
誰かを手助けするなんて
そんな余裕ない
ましてや出て行った母親の代わりのようにされたって
日々を送るだけでやっとなのに
これ以上のことはできないのに
苦労を押し付けられる
(無理だ)
なんて言えばいいのに
帰る場所をなくすのが怖いから言えない
そんな弱虫

ホントは本音を言いたいのに
泣きたいのに
自分の心がないから
自分の部屋がないから
仕方なく閉じこもって
溜め続ける
いつか壊れるって
もうすでに壊れてるって
分かっているのに
誰にも伝えられない
そんな弱虫

病院に行けても
結局のところ負担は何一つ減ってなくて
尚更受験生だから
その分の負担もあって
家庭の負担もあって
家族の負担もあって
自分の心の弱さもあって
何も打ち明けられなくて
いつの間にか縄を持つことも 何一つ変わらなくて
この世界から逃げたいな
逃げたらどれだけ幸せだろう
って思ったって
結局死ぬのが怖くて
自分の手で絞めて
苦しい時だけ過ぎてく
そんな弱虫
17/05/14 15:55更新 / めめ氏

■作者メッセージ
もし逃げることができたらどれだけ楽かな

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c