ポエム
[TOP]
色街のセラフ


他人には見えぬ
片側しか残されていない背の翼

それは彼女の望んだ形
独りのままで一対揃ってしまえば
戸惑ってしまうから


白の儚さ
極彩色の穢れは 教訓

ドレスの後ろ姿に肩から覗く
折り畳まれた毳毳しい翼

皆 服の下に隠された翼を見せられずにいる
彼女が変わっている訳じゃない
皆 同じなんだ。


今夜も服に隠れた片割れの翼を
シーツの波間で探してる
ベッドの上で組み敷かれたまま

同じ翼を持つ二人で
天に還る時を諦められずに


 
18/12/25 11:27更新 / K

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c