ポエム
[TOP]
「おやすみ」を君に

冬は寒い、指が動かない
握りしめた手は、ペンよりも冷たい

風が吹いて、肺は傷んで
囁いた声、君を振り向かせた声

オウム返しの二人
あの夢と違う、この夢を彷徨う
一人よりも怖い時間があるなんて
知らなかった幸せは

数えたら両手も要らなかった

眠りにつく前は
いつも世界とお別れしてた
だけど今日だけは
たった一人にだけ、おやすみを伝えるよ

もらった幸せは
全部、君に渡そう
枯らした花、失くした種と一緒に
もう少しだけ、その身体を温めてあげる

君が誰かを
本当に好きになれるその日までは
僕がそばにいてもいいのかな
君だけに、おやすみを言っていいのかな
19/12/09 00:28更新 / アンタレス


■作者メッセージ
今日、決めたことです。
まだ少し寂しいけど、
寂しさを知っていることは
寂しくならないために、必要だと思うから

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c