ポエム
[TOP]
帰りたくってしょうがない
僕の住んでたあの家は
大きな時計のまんなかで
赤いレンガになめらか毛布
くるくる景色のまわる窓

三時についた針のさき
汚いおじさんお酒を飲んでて
九時の方では赤ん坊
のどをちぎらせ泣いていた

お母さんに肩を抱かれて
僕はぼうっと外を見てたよ
夜とお昼と明け方を
するっと落ちた家だった

あああとってもぼんやりさ
帰りたくってしょがないよ

僕の住んでるこの町は
四角い塀にかこまれて
茶色いバラック小屋の中
犬もネズミも入れられる

壁の反対の道路から
誰かがじっとこっちを見てて
クスノキの上でお医者さん
病室あけて待っている

視線がとってもするどいから
僕はばらばらに飛び散ったよ
腕と頭とふとももが
散歩に出たまま戻らない

あああ切れ目がむずかゆい
帰りたくってしょがないね
19/07/17 12:33更新 / わたなべ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c