ポエム
[TOP]
愛を、教えてよ


ころそうとして首に手を伸ばし
真っ白な髪の
匂いを嗅ぐ
悪なんて
あたしにはみえないの

少しだけ痛すぎる
怒りの果ての真っ黒な罪の重さ
あたしの手には持てないなぁって

ふりかえれば悪い
火の傷を胸に負わす
あたしの夜の秘密も
絶望とともに消えるんだよなぁって

貴女に愛を捧げた
笑っちゃうくらい素直な純情が
かなたの光の反射角度によっては
あたしの手には余る明るさになるから

どれほと堕ちていけば世界の終わりなのか
水の星に潜ってみたけれど
言葉は気泡になって
ひびわれても明日への希望をつなぐかなぁって

それでも愛してくれるというなら
愛は絶望を燃やして燃えさかる強い心だと
けしてきえない愛のことを
あたりまえさと深く深く潜って知った
いい加減な死に方選びたくない
あたしに教えてよ
 


20/02/13 00:15更新 / 花澤悠

談話室


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c