ポエム
[TOP]
愛しても、伝わらない


騙そうとして目をそらすと
真っ白な雲の上に
いつかみた真実の世界が
あしざまに
あたしをみくだしていたなんて

少しも寒くない冬の寒さを
感じているみたいなもんだなぁって

ああそうか、
それなら
あたしの純情も伝わらないんだなぁって

だれもいないこの部屋で
たちまち賢い夜の梟を待っている

どのくらい遠くの森から
飛んでくるというのか
青葉を散らしつつ
ひびわれた苦しみや明日なき絶望たべてよ
それでも持つべきさみしさなんて
ないとあたしに教えてよ
 

20/02/12 21:48更新 / 花澤悠


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c