ポエム
[TOP]
文学テクスト(teach)
綺麗な裏には必ず働いてるという事実があること。

美しく述べれても、留まりたいのは生活の中の楽しさであること。

気分があるからそれは難しい。

伸びる可能性のあることだから、気持ちの声を聞き続け、日々心をシェイクしていくこと。

勝ち負けがあって色々感じること。

感じること 思ってるだけで養うのは感性であり、それが、それは、それこそ、人間のすることである。



父、私はあなたの、あなたへの悔しくと共に、

あなたの目に劣らず、身なりを整えます。(このように家業をし心を整理します。)


『悪いこと』

例えば、

「やってしまった」ということがあっても、そのことから逃げたくない。

それでも付き合いは諦められないし、

良いことがあれば言い自分もまた訪ねる。

罪というものと長く付き合ってみるのも良い、だんだん変わっていけば。

人は人だから生きていける。

それを甘い、という人は間違ってる。

そのようなことに対して怒(いか)っていたほうがましだ。




『文学テクスト(teach)』


したいことをするのに上手はあと。

言いたい事を言うに、上手は後で良い。


文学が何かということを話すと、文を学(たの)しんでいること。

A「何がしたいか?」

B「よく問われる。」

なぜ、今ここにきて書き物の事を教えるかというと、要因はある街の花不足である。

小説の歴史は日本が一番古いと聞いたが、大阪とは上方にして良いものを持っているのに、なかなか本というものが出てこない。

寝ている方を避(よ)けて言えば、文学は我々の言葉である。

そして豊臣の貯蔵庫には半紙の美しい書物が万冊とあったらしい。

新聞(歌舞伎)や演芸といったものも文学が分布していて、作家がデッサンをして役者が肉付けをし街を色(イロ)に浸す。風紀が悪い。賑やかでありました。

昔のやくざは禁止になることを頭にしっかりと入れて、それでも、その上で咲かす花かどうかを吟味する。
こう逃れてきた芸術です。

すると文学が、名残り程度の見世では情けないのである。
だからこころの在りかを地図にして渡し、

物事を生むのはそのままの姿であり、これは直観の研磨です。

こういった意味でそれとは趣味や趣好であるとはっきり断言をして文学を分別する。明日の上方文学に対してだ。

只今の学者が自ら描く言葉のスケートに乗ってどこに降りるのかは神の溝知る。




過分なく才能が養える事を。

あなたが賢人となり豊かあることを。
18/12/06 11:17更新 / ゆりぎつね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」