ポエム
[TOP]
音を楽しむ
歌を忘れたカナリアが

何処かへ飛び去ってゆく

彼?もしくは彼女は

再び歌うことができるだろうか?

河川敷では

夢見るトランペッターが

リズム関係なく

大きな音を楽しそうに吹いている

とある部屋では

険しい顔で鍵盤を叩き

感情の赴くままピアノを弾いている

夕暮れ時の道では

習いたてのドレミで楽しそうに

嬉しそうにはしゃぎながら

リコーダーを吹く子供達

ホールでは優雅にバイオリンを弾き

素敵なメロディーで皆を魅了する

スタジアムではとある歌手が集まった

観衆とともに歌を合唱して一体となる

とある部屋では老人が

ソファーに腰掛けプレイヤーに

針を落とし亡き妻を思い出しながら

スピーカーから流れる思い出の曲を

目を閉じ聴いている

歌を忘れたカナリアよ

戻っておいで

きっとあるはずだよ

音を楽しみ歌を思い出す事が

何処でもない

すべてに溢れてる

音を楽しむ場所があるからさ
16/07/14 23:26更新 / ぱち

■作者メッセージ
音楽って…何だろう…

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c