ポエム
[TOP]
【短歌】つらすぎて笑っちゃう
「無音」

登校の中学生がわめき立つ「今日って席替えじゃん!」そりゃいいな

うすあおく追いかける者逃げる者蝶の世界に食い逃げあるか

つらすぎて笑っちゃうよというふうに朝の車道を枯葉ふらつく

通販のサイト見ている妹の背中しなやかアニマルに似る

ケーキ屋のケーキをおいしく見せるのは下からの白い照明とみた

厨房から客の様子を知るための窓であろうかタオルが見える

スーパーを出れば夜空の冷え込みのヘッドライトの風のしずけさ

ボロいなと思い見ていた住宅の中からワッと笑いごえ立つ

葬儀屋の内側で鳴るピアノだろう通過車両の音にまぎれて

まがまがしい力渦巻くパトカーの赤が無音で夜を照らせば
17/02/02 14:08更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌十首

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c