ポエム
[TOP]
雪のない異土にいて

雪のないクリスマスも年越しも
考えられないこの東京
乾いた路面に短靴が
いまも違和感があって
わたしはいまだ他所者
豪雪の郷里から
出稼ぎに来てはや六年
通信も途絶えたら
人も町も遠くなる
だのにいまだ田舎者で
都会に馴染めず
訛りも直らない
どこにいても異郷人
地に足がついてない
ときたま津軽の積雪が
テレビに映れば
あれはどこの国の話かと
すでに故郷喪失した者に
遠い異国に思える
どっちつかずのちゅうぶらりん
わたしはどこにいるのかと
19/12/11 08:35更新 / シニヤ = シネー


■作者メッセージ

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c