ポエム
[TOP]
独り言。
空虚な正しさが蔓延し、過去の失敗ばかりが目につく私の日々を
私は失敗作として生きている。


"価値観を囲い合う言葉の交わし方"、"関係性の壊し方"、"会社の辞め方"…
検索履歴はどれも死んでる。

「硬い殻が邪魔をして、転び方を知らないまま、
重たい指先が躊躇して、誰の痛みにも触れないまま、
此処まで来てしまったんだね。」

独りになった私の声は、無色透明になって足元に零れ落ちる

拙くとも、儚くともなんともない。





《天国》

煙を吸い、喉を震わし、視線を結び、熱を奪い合ったあの人との日々、
私は何者でもなかった。

ありふれた輝きに憧れて、どこにでもある服で着飾って
私は本当にそこに居たのかな。




《地獄》

温もりを求める虚しさを、私は今になって思い知る。

それが叶わない絶望は、また少し後になって気づくんだろう。



毎朝。

目が覚めると、あの日の夜を思い出す。


遠い空は、街の灯りを反射して


何処か温かそうだった。
19/02/22 21:03更新 /

■作者メッセージ
ひゃ。それにしても世間の視線は冷たい。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c