ポエム
[TOP]
夢想とびちる


ひとすじの飛行機雲がのびてゆき秋のあおぞら完全となる

警官が近づいてきてオレの持つ夢想とびちる日暮れの街に

暮れかけの芝生に犬と飼い主はとどまっている時間とともに

日の沈むほうへ歩いて太陽のスパートにあう秋のはじまり

内側の疲れほぐしている道を簡易トイレは運ばれてゆく

帯分数は習う必要ないという意見も載ってこども新聞

光源のせいで三つの影を持つ自分に慣れて中年になる

17/01/15 19:51更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌集

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c