ポエム
[TOP]
神隠し
ある日突然
君は神隠しにあった

校庭で隠れんぼ
君だけが見つからなくて

先生も警察もみんなで探したけど
君は戻ってこなかった

しばらくは
みんなの話題に
君の名前があったのに

いつの間にか
君はいないことになってた

夏休みが明けたら
君の席もなくなってた

名簿もロッカーも靴箱も
君の名前が消されていた

みんなに聞いても
そんな人いないよって
寝ぼけてるのって

たしかに
夢の中では君に会えるけど

そうじゃない

ちゃんと僕の目の前に
君は存在してたのに。


あれから十年
経った今でも
僕はちゃんと覚えてる

みんな全員
君のこと忘れてしまっても

僕は絶対
忘れないから。


そして今日も訪れたこの街

君を見つけられぬまま、
秋の日はつるべ落としのように
深い夜に飲み込まれてしまう
18/10/29 18:21更新 / Haruka

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c