ポエム
[TOP]
ほんのり明るい

思うんだけどさ

月に
祈っている声は
すき透る悲しみをかすかに帯びて
でもあの物語の舞台の入り口にもなるよね

それでね

木々をゆらす風の暖かさが
行方を見失った時
どこにも
忘れずにはいられない
さまざまな欠落の整理をしようと思うんだ


小さく簡単なもののなかに
光のあなたがいてくれるのなら
僕は切ない言い訳なんてもう
考えなくてもよいのかもしれないだろ?






20/01/04 15:58更新 / 花澤悠


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c