ポエム
[TOP]
月の声


その冷気に驚いて、振り返ると
君はその夜も凍っていた

孤独は冷たく瞳のはしから
ひとすじツーって流れ落ちたね

うすい赤色の唇が、吐息を漏らすのは
しあわせという嘘を舐めつくしたあと

それで、自分が嘘つきだから、
いつも、凍って、泣いている

うすいあの真実への情熱に
溺れっちまったという、月の声



19/12/18 22:03更新 / 花澤悠


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c