ポエム
[TOP]
誰がための翼
くたびれた落ち葉を
1枚拾う
それをここに来た証として
1日というのは過ぎていく

太陽の温もりを
あくびが出るまで浴びて
伸ばしきった腕を
空へ届けとばかりに
また伸ばす

長い道のり
虫眼鏡でみれば小さいものも
偉大なカゲに隠れてしまい
1歩踏み出そうとしても
足の裏に蟻がへばりつき
偉大な勇気も隠れてしまう

そういうときは
翼をつくって
たとえイカロスの二の舞を踏んででも
そんなちっぽけな世界を見下ろすんだ

そうしてこう叫ぶんだ
これが私なのだ と

虫眼鏡であぶられ
その1歩で踏みつぶされても
自分にしかない翼を
大事にしていきたい
19/11/03 15:09更新 / 砂漠色

■作者メッセージ
いつも閲覧、投票して頂きありがとうございます。励みになります。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c