ポエム
[TOP]
右耳で感じたもの
バニラアイスの砂浜がゆっくりなくなるみたいに
あなたの息で私は溶けていく
ぐらつく足と遠くなる意識
腕と腕を絡ませて
あなたはすべて計算済みのように
追い討ちをかけるように 低い声で笑うの

食べられてもいいと思った
16/06/18 14:36更新 / 如月 丈

■作者メッセージ
オトナ第2弾??(笑)

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」