ポエム
[TOP]
何となく
君は好きなんて言わない気がする
自分が大変な時に
私に期待を持たせるようなことはしない
自由が欲しいときに
私を救い上げるようなことはしない
不自由の中に自由を見出す私と
不自由に縛られ続け自由を求める君では
差があり過ぎる
乗り越えることは出来ないかもしれない
君は望まないかもしれない
私がしたいのは
壁を乗り越えることではなく
壁に穴を開けて君一人が通れるようにすることだ
だから好きと言わなくてもいい
君一人の感情があるのならそれを大切にしてくれたらいい
私は君が好きなだけで
それだけではないのかもしれないけれど
私が進まないと君はどんどん前に行ってしまう
足並みをそろえることが難しいのなら
少しでも追いつきたい
私はその時もずっと君を好きでいるからね
20/02/15 15:54更新 / 雨月 涙空

談話室


■作者メッセージ
決意表明で指輪を買ってきちゃいました。
言ったもん勝ち。笑 どこまでも一方通行だと辛くなるから、君に忘れられないために。忘れていいとは、言えなくなってしまいました。

いつも閲覧ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c