ポエム
[TOP]
土星のモノグラム
事はわてもオナゴやからうどんのようにさらさら食べれる。

白かったんだ。とても白かったんだ。

例えぼくがその下に敷かれようが美しかっ



と受け止めたのは今のところ第三者だ。

きっとその雪は本当に白いんだけど、

誇れるほど、ブラック・ボーン・セクシャルは成っていない。

多分、ぼくらは姿勢がとても嬉しかったんだ。

なんだかちょっと苦い。

けれど。

美と名付けたら、もう言うことがなくなってしまった。

これはダマリナハレってことですか?

若しくはぱっくんぱっくん、なぜならほっけきょー!

もちを選ぶんやで〜

階段を1つ降りれたら、休んでいいらしいねん。

人はどうしてんねんやろ?
18/12/04 01:57更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c