ポエム
[TOP]
桃の木
重箱の隅は杓子で払え

こんなことわざがあります。

今日、封神演義の外伝と、最近のかっこいいオタク絵柄のアニメ漫画と別マを読んだ。

封神演義は、人間界で悪さをする仙人や妖怪を封じる旅の漫画だ。

主人公、太公望は作戦を頭で練るタイプだ、老いていて、若く、賢く、憧れる。

時おり出てくる桃がパワーセーブだ。

私は黄桃が好きだ。

太公望たちが、戦いを乗り越え、人間界に「周」という国をつくった。

想像の目上にある或る概念は、新たな国、もしくは、桃の木、としてどうにか纏まるかもしれない。

私は確かに十代後半に恋人のような母を亡くして、

二十代をやけっぱちに生きてきて、

三十代で父を知った。

海に住んでる父を感じ思うのは、

人の冷たさというのは、その人が温かいという意味を抱えていて

そこに温度が、在る、というか。

水は透明だけど、不快、若しくは慣れないでいるが、柔らかい笑顔よりも、冷たい水にかかり、色々あると思うんだ。

そうして人と人は気持ちが温度で通じてるのなら、

締まった魚になれるはずだ。

どうしてそんなにひとりでも暖まれるかって?


本はブッダの言葉や仏教聖典、親鸞など、玉依姫と、血と骨。

お経を楽しくあげている。

わたしは女性に生まれたが、そこそこ元気にやってこれた。

女という身ではいても、我々は忍耐強く頑張りたい。

やっかみに対応

私泣いてます。とても弱くなって…。

古来ひらがな使いであるし、

重箱の隅は杓子で払え

円滑な言葉とか「ち」ふくらみの

大きな回りと払い、優しく入って留め。

"自分"という範囲は男並みに必要で。

泣いていていいんだ。

止めないでよ。

元気な平仮名を書きたいんだ。







18/12/04 05:34更新 / ゆりぎつね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」