ポエム
[TOP]
彼女の嘘でティータイム
君は皆の前で、甘いものは嫌いだっと言っていた

だけど僕は今、君がケーキを食べている姿を眺めている

頬にクリームをつけた君の顔は実に間抜けだ

君の嘘を僕だけが知るという感覚は

まるで、チョコレートを食べているかのように甘い


僕は、紅茶を一杯飲み干した


20/01/25 00:22更新 / 気ままに


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c