ポエム
[TOP]
人の心列車
『人の心列車〜人の心列車〜』

行き先はない。
がたんがたんと音を立て
いつも全く同じ速度で
人生という線路を走る。

『次は〜嬉しい海〜嬉しい海〜』

眺めが良いときは明るい気分のとき。
ここの列車の良いところは
いつかこういう絶景を
見せて喜ばせてくれるところ。

『嬉しい海を抜けました〜嬉しい海を抜けました〜』

ずっと良い気分にさせてくれないところが
ここの列車の嫌なところ。
同じ速度で走らずに
たまにはとまってくれればいいのに。

『次は〜絶望トンネル〜絶望トンネル〜』

終わりの見えない嫌な場所。

『現実の煙が入るため〜窓をお閉めください〜』

逃避という名の窓を閉める。

『しばらく苦しい暗闇が続くため〜精神的に〜お気をつけください〜』

大丈夫。
まだ大丈夫。
煙が入ってこない以上は大丈夫。

こつんこつんと窓を叩く音がする

線路に詰まった石が
通ったときにぶつかって
飛んでいって正確に
列車の窓を叩いてくる。

『人の心列車は〜決して速度は落とさずに〜何があっても走ります〜』

時間という名の石炭を使い
人生という線路を走る。

17/07/09 16:40更新 / 下降気流

■作者メッセージ
あなたの列車は今どこを走っていますか?

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c