ポエム
[TOP]
チープ・ヒッピー
人々が足早に行き過ぎる
雑踏を声なき背中が交差する
哀しみも歓びも、人達の声にならない声

私は景色ともいえない荒れ野を
やっと今日は抜けて来たんだ
雑踏は白黒の表情が
読み取れないんだよ

私なりの絵の具をたらし
景色に絵を描きたいんだよ
心の景色を彩りたいんだよ

でも、肩で風を切って、颯爽とした歩みにはならず
お願い、ぶつからないで
時には笑ってみせて
急いで街を生きないで

ひっそりでいいんだ
繋ぐ手も、交わす微笑みも
欲しい時だってあるんだよ
何かが足りない
いや全部かな

自分の色んな貧しさや乏しさが
やけに肌寒い秋の夕暮れなんだ
口笛のような風の音符が
耳の奥で鳴り続けてる
寂しいよ
寂しいよ
19/10/30 15:51更新 / KIYOHARU

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c