ポエム
[TOP]
【無題】
何の変鉄のない一日がまた過ぎた。

僕にとっては、一年である意味最も特別な日が
何事もなく、終わった。

何のメールも来ない。
声を掛けられることもない。

やはり、僕は所詮そんな存在。
わかってはいたのだけれど。

せめて、せめて君だけには覚えていてほしかった、なんて
少し、我が儘かな。
17/05/15 18:48更新 / とんとん

■作者メッセージ
誕生日を祝ってもらえないのは寂しいことですね。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c