ポエム
[TOP]
星空

寒がりな癖に
冬の星空を見るのが好きだった君…




僕らの他には誰も居ない
冬の夜の河川敷



凛とした空気の中
澄みきった夜空を見上げて





「星が綺麗」って呟く君




その横顔に
僕は小さな幸せを感じてた




この時が途切れぬ様に




僕はいつもの願ってた…




あの時と変わらない
綺麗な星空




足りない物は一つだけ




ここに君が居ない事…







冷たい風を思いっきり吸い込んで





真っ白な息と共に





君への想いも全部
吐き出せたらいいのにな…
























































18/11/26 12:43更新 / 月影

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c