ポエム
[TOP]
さわれ!叫びの歌
情緒不安定な彼女に
なぐさめのエールを送ろうとして
肩に手をのせてみた

彼女は小刻みに震え
ひたすら心の寒さに耐えていた
僕はいたたまれなくなり
心が交換できる場所へ駆けだした

そこで彼女に合った心を買い
彼女の胸に手をかざす
思春期 
僕にしてはよく頑張った

夕日に向かって なんて
陳腐なことはしないが
まっすぐにどこまでも純朴な
君の姿をみているだけで
叫びたくなる衝動を
どうにかしてくれよ
19/10/29 22:33更新 / 砂漠色

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c