ポエム
[TOP]
幼き青き季節
幼き青き季節の刹那を、共に過ごしたあの頃を、覚えていますか。

僕一人、はしゃいでいたあの日々は、二度と戻らない遠き思い出、

子供すぎた僕は、君の顔もまともにみれず、

会った時はいつも、ドキドキしていたんだ、あの時も、勇気を出して、

会いに来た君の前を、逃げるように、通り過ぎてしまった,

恥ずかしくて、僕は君の思いを踏みにじってしまったんだ

がっかりしたよね君は、きっと

そして、ピリオドがきた、自分勝手に一人で舞い上がって、君を思いやる事も

忘れていた、好きで、好きで、

あんなに強烈に、アプローチをしたのは僕なのに、夢の地図は夢のまま、

初恋の君は、僕の胸から消えない、何故か消えない

15の僕と 13の君と 幼い恋と

そして、夢見た日々と
20/02/11 12:20更新 / kozashin


■作者メッセージ
初恋はどうして消えないんだろう、君の面影はどうして胸から離れないんだろう
談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c