ポエム
[TOP]
冬の夜
こんなに静かな冬の夜は
不意にスキップが下手になる
何のためらいもなく
ドーナツを買ってしまう僕たちは
たぶん一回地獄に落ちたほうがいいんだと思う


高層ビルの根元に触れて
微動だにせず待っていると
まばたきをした一瞬のうちに
ふわふわになってしまうことがある
ふわふわになった高層ビルの
非常階段を駆け上がって
屋上に飛び出してみたところで
もう高層ビルは元に戻って
町の響きに身を任せている


むかし通っていた小学校の校庭で
ばれないように唐揚げを揚げて
通りすがりのサラリーマンと
その唐揚げでサッカーをしよう
そしてそのあと変なにおいの石灰で
やけに大きくこんな風に書くんだ
「この後スタッフがおいしくいただきました」
って


下手くそなスキップを楽しんでいると
新しいリズムが生まれてくる
こんなに静かな冬の月には
きっと凄惨なメロディーが似合うから
19/12/08 21:17更新 / ほのふわり


■作者メッセージ
変な詩です。
でも、わりとこういうの好きです。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c