ポエム
[TOP]
リスペクト百人一首 No,97
〜来ぬ人を 松帆の浦の 夕凪に
焼くや藻塩の 身も焦がれつつ〜

来ないとわかっていても

来るはずもないと頭では
わかっていても

それでもなお

貴方が現れるかも知れない
この場所で

待たずには、いられない

もし、千に一つ、万に一つ
貴方に逢うことが叶うのならば

地獄の業火に、悦んで
この身を捧げよう

19/03/22 19:39更新 / リュブリュー

■作者メッセージ
いにしえ人の想い、今もその熱を感じる。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c