ポエム
[TOP]
violet anklet
初めて一緒に過ごす記念日に
細いアンクレットをあなたはくれた
夜、狭いベッドの中で アンクレットで繋がれた私の身体を 初めて見せる表情で 貪ったあなた

その日から私は悲しい世界に堕とされた
メール 着信 履歴 そして居場所
全てを支配された私は 逃げるようにあのバーへ行った

それでもあなたのアンクレットを外せなくて 鳴り止まない携帯 そっとバッグの奥にしまう

フォアローゼスのシングルが入ったグラス
空になれば私はまた支配される

重いドア スライドさせる表情も重くて
帰り道 死んでしまいたい また身体が壊される

束縛は心の余裕が無いから 誰か彼に言ってあげて
不気味な部屋の香り ロウソクが灯る暗い部屋
アンクレットを舐めるように見つめるあなた
今夜も恋人じゃないみたいに犯された

愛があったのになぜ? 曇るあなたの瞳
気に入らない? また殴る?もう解放して
軋むベッド 壊れてしまいそう
私の心はもうとっくにあなたから離れている
19/09/16 18:42更新 / 清戸日向

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c