ポエム
[TOP]
君を最後に見かけた-別れの情景-
最後の最後に君を疑っていった私
それなのに皆を説得して
私の元の心に戻してくれようとした君

お仕舞に継母の愛を別れの理由にした私
それなのに「明日があるから歩いて行こう」
と決めた君の仲間達

別れた後言い忘れたことに気が付いたのは
そこから塗り替えられてゆく人生に
三ヶ月間枕をぐしゃぐしゃにして
泣きじゃくったたった一つの言葉「愛」

ちょうどその頃君の姿を見付けて
爽やかな優しい笑顔で
他の誰かをウィンクして魅せた

私はそれでもあの愛した頃を忘れられないの
19/10/27 15:57更新 / 遠藤 徹治

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c