ポエム
[TOP]
巡る時

朝焼けは命が目覚める時…
空は薄紫
海辺で座って波を見つめている
寒い海…
波に同じ形はありません
すべて生きているから…
波の音には音程があるとお想う
調律できない音…
心で聞かなければならないと想う…、
水平線の色が変わってゆく…
絵具でグラデーションを描いていくように…
自然の源で心の中にあるわだかまりを巡らせてみる
答えが出るわけではありません
なぜなら生きているからだと想う…
人は後悔しても実は前を見ていると想う
海から与えられた命だから
波に揺れる砂…
見ていても飽きることはありません
美しいと想うから…
帰ります
生きる場所へと…
19/11/30 19:13更新 / 好春

■作者メッセージ
寒くなりましたね。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c