ポエム
[TOP]
そんざい
足音のない人間に
存在の痕跡は残らない
白いもやのような空虚さは
ゆっくりと効く麻酔に似ている

(もう一人の自分が 自分をじっと見下ろしている... ...)

カーテンを閉め切った夜に
ベランダを飛び出して
この街を横切って

死んでしまいたいんです
19/09/17 01:04更新 /

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c