ポエム
[TOP]
ミルクティー
ティーカップの上で漕ぐマドラーが
ゆっくりと回る
僕の腕時計も無茶苦茶にしてくれそうな
独りきり
正午過ぎ 青空を泳ぐ雲に目が行って
呆(ぼう)っとして
呼吸をすると
チカチカした 日の目が僕を照らした。
19/12/05 02:07更新 / へる

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c